リアハブの目隠しプレート

リアホイールセンターカバー

今年も10月に入りそろそろ冬支度の準備ということで、この謎の黒い物体を購入しました。正式には『リアホイールセンターカバー』という商品のようです。

サビサビのリアハブ

私のスタッドレスタイヤに付いているホイールは社外品で、リア側に純正のセンターキャップが付かない仕様のため、ご覧のようにこんがりとサビサビのハブが丸見えになってしまいます。さすがにこれではイマイチな感じなので『リアホイールセンターカバー』の出番ということになります。

スタッドレスに履き替える際に、タイヤ屋さんにお願いしてこの黒い目隠しプレートを挟み込んでもらうわけです。これで今年からは、ハブのサビの増殖を防ぎつつ見た目もスッキリとできるはずです。

せっかくのジムニーですから、今シーズンこそスタッドレスタイヤを駆使して雪の山道にチャレンジしてみたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

東京自転車節

今日は川越スカラ座で『東京自転車節』を見てきました。この映画は、コロナ禍により山梨で失業した青柳監督が、自らの奨学金と言う名の債務...