気絶しそうなブラッド・ピット

60年代のハリウッドを舞台にしたタランティーノ最新作ということで、否が応にも期待が高まります。「ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD」というド直球なタイトルに 二人のスターの共演。これは見るしかありません。ということで自宅から一番近いシネコンに行ってきました。

見どころは色々あるけれど

この映画を見るならば、シャロン・テート事件の概要は知っておいたほうがいいかもしれません。実話とフィクションが絡み合うように展開するストーリーも楽しいです。それからなんと言っても60年代のディテールに凝りまくった画作りは、さすがタランティーノというほかない圧倒的なクオリティです。
しかし、私が最も注目したのは、気絶するほどカッコいいブラッド・ピットのその佇まいでした。何気なくハリウッドの街を歩くブラッド・ピット。アメ車を運転するブラッド・ピット。料理をするブラッド・ピット。犬に餌をやるブラッド・ピット。派手なアクションがあるわけではないのに、その一挙手一投足がただひたすらカッコいい。私はクリフ・ブースという役ではなくブラッド・ピット本人として映画を見てしまっていました。

ブラッド・ピットがそこにいるだけで

そんなカッコいいブラッド・ピットをただ愛でるだけで、3時間があっという間に過ぎていきました。長尺の映画にもかかわらずその長さを感じさせないのは、ひとえにタランティーノ監督の手腕でしょう。 でも私はあえて言いたい。ブラッド・ピットがそこにいるだけでこの映画は十分なのです。

そんなこと言っていたら、「ブラッド・ピット俳優活動縮小で製作や趣味の時間に」なるニュースが。。。確かにムーンライトはいい映画だったけど、俳優活動を縮小なんていくらなんでももったいなさすぎる!

最後までお読みくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

フォローする