映画館巡礼1【あまや座】

ジムニーで映画館を巡る旅の第一回目になります。台風一過の青空の下、茨城県那珂市瓜連にある「あまや座」までやってきました。三郷インターから常磐道に乗って、那珂インターで降りて20分ほどで到着です。高速を80キロでゆっくり走って、だいたい2時間程度の小旅行でした。水郡線瓜連駅から歩いてすぐののどかな土地で、ジムニーの後ろに写っている平屋の真新しい建物があまや座です。2017年10月に茨城県唯一のミニシアターとしてオープンしました。奥に見える大きな屋根の「スーパーあまや」の駐車場の一角に立地していますが、スーパー自体は現在は営業していないようでした。

道路沿いには「座」を後から付け足した看板
映画館の建物にはきれいにデザインされた看板

今の時代に、地方で新たにミニシアターを立ち上げること自体、生半可なことではないだろうと思います。私も、Amazon Prime Video や Netflixなどの動画配信サブスクリプションに加入していますし、TCP/IPを経て動画が手元に届く利便性を身に沁みて感じています。しかし、映画館という公共的な空間での映像体験は、動画配信とは全く違う何かを手に入れることができると思うのです。私はその映画館の皮膚感覚をもうしばらくは信じたいと思います。

入り口前の壁には上映中の映画の看板
前田敦子主演「旅のおわり世界のはじまり」

本日鑑賞する映画は、黒沢清監督作品「旅のおわり世界のはじまり」です。前日にはご本人が舞台挨拶に来られたということでしたが、まあ、黒沢監督なので、映画のクオリティは保証つきです。全編ウズベキスタンロケということで、いつもの作品とは一味違った味わいがありました。主演の前田敦子は素材としての存在感が抜群で、黒沢監督が、とても上手に料理して味わいを引き出しているなと感じました。ラストの歌とカメラワークは必見です。

あまや座は日帰りで十分行ける範囲の映画館なので、今後もみたい映画がかかった時は行ってみようと思います。次回は、袋田の滝まで足を伸ばして、茨城観光を満喫するのもいいかもしれません。

最後までお読みくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

フォローする