ロケ地巡礼3【おくりびと】

割烹小幡1
劇中のNKエージェントと主人公1

山形県酒田市の日和山公園入口に立つ廃墟のような建物。かつては割烹小幡として営業していましたが、現在ではごらんの通りです。

割烹小幡2
劇中のNKエージェントと主人公2

この建物は映画『おくりびと』で納棺会社の事務所という設定で使われました。山崎努さん扮する納棺会社NKエージェントの社長に、本木雅弘さん扮する主人公が面接に訪れる印象的なシーンです。

現在の港座
劇中の港座と主人公

こちらは、主人公が納棺会社の宣材DVDの撮影に、映画館として使われていた港座を訪れるシーン。このあと主人公は、オムツをつけて大変な撮影をこなすことになります。撮影当時にあった隣の建物はなくなっていて、地方都市にありがちなガランとした寂寥感が感じられました。

山居倉庫1
山居倉庫2

最後に、酒田観光の拠点としての山居倉庫です。ここに最上川から船で運ばれてきた米が集積されて、北前船で京都や大阪に運ばれていきました。物流の拠点として栄えたかつての栄華を今にとどめています。

世界一と言われた映画館(GREEN HOUSE)

酒田といえばもう一つ忘れてはならない映画館があります。かつて世界一の映画館として名を馳せた『グリーンハウス』です。酒田大火の火元とされ、地元の人たちには複雑な思いがある映画館です。現在はその痕跡は跡形もなくなくなってしまいましたが、『世界一と言われた映画館』というドキュメンタリー映画の中で今も生き続けています。こちらの映画については、また別の機会にエントリーを上げたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

フォローする