オーディオのステアリングリモコンが不調になりました

ステアリングリモコン

私のジムニーにはステアリングリモコンが付いていて、右側にはクルーズコントロールが、そして、左側にはオーディオとインフォメーションディスプレイの切替スイッチが配置されています。写真のINFOボタン以外がオーディオ系のスイッチです。半年ぐらい前から、たまにオーディオのステアリングスイッチが反応しないことがあったのですが、すぐに復活していたのであまり気にしていませんでした。

ところが最近になって、かなりの頻度でステアリングリモコンの無反応が発生するようになったので、少しまじめに調べることにしました。

現象の整理

まずはディーラーに同様の事例が起きていないか確認しましたが、そもそもディスプレイオーディオを設置している例が少ないようで、事例としての報告はないということでした。

ということで、問題の切り分けをするために現象の整理をすることにしました。

  1. 現象が頻発するようになったのはここ最近
  2. ヘッドユニットのファームは最新(08.06)
  3. ヘッドユニット本体は正常に動作する
  4. 車を始動してすぐはステアリングリモコンは正常に動作する
  5. 運転をはじめて15分ぐらい経過するとステアリングリモコンが反応しなくなる

原因の推定

ヘッドユニット

現象の(2)(3)から、ヘッドユニット本体の故障は除外できます。本体でボリュームやソースの変更、曲送りなどは問題なく動作します。

現象の(4)から、ステアリングリモコンとヘッドユニット本体の配線の断線は除外できます。

あとは、現象の(1)(4)(5)あたりから推測できることとして、室内温度というファクターが浮上してきました。

オートエアコン

私は年齢のせいもあって、夏場エアコンがキンキンに冷えるのが苦手なので、設定温度を26℃ぐらいにしています。10月になってもそのまま放置していたわけですが、この時期26℃だとポカポカの暖房になってしまいます。

ということで、ステアリングリモコンが反応しない状態で設定温度を24℃まで下げてみました。すると、ほどなくしてステアリングリモコンが復活しました! 念のため、再度設定温度を26℃に戻してみると。。。

結論は

今回のステアリングリモコンの不調は、理由はわかりませんが、室内温度に起因することが特定できました。温度によって、カプラーの接点が膨張して云々みたいなことなのかもしれません。

とりあえず、原因の特定と現象の再現が確実にできるようになったので、次回の点検時にディーラーさんにチェックしてもらおうと思います。原因がはっきりすると何か気分がスッキリしますね。

最後までお読みくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

フォローする