とても残念なiPhone12が登場

iPhone12

昨日、iPhone12が発表されましたが、予想通りTouch IDの復活はありませんでした。まあ、AppleにはAppleなりの事情はあるのでしょうし、ユーザーが要望してどうにかなる話でもありませんし。とりあえず、iPhone12は粛々とスルーさせていただきます。

コロナの時代にFace IDだけって

マスク必須のコロナの時代にFace IDのみと言われても、『こんな無理ゲー楽しいですか?』としか言いようがありません。直ちに5Gが必要だとも思わないし、カメラも別に今のiPhone8でさえ正直私にはオーバースペックです。

サイズのバリエーションてそんなに必要ですかね?? マグセーフはMacBookにこそ必要なのでは??? 最近のAppleのやることには?がつくことばかりです。タラレバになりますがやはり言わずにはいられません。スティーブ・ジョブズが生きていたならと。

新型のiPhoneが出たら、とりあえず褒め讃えておけみたいな空気がありますが、本当にそんなに毎度毎度画期的ですか? 3Dタッチなんて直感的に要らないと思っていましたが、いつの間にか本当になくなってしまいました。そんなにやせ我慢してまで褒めなくてもと思うわけです。

私の買い換えの選択肢としてはSE(第二世代)しかないわけですが、ゲームなどはしないのでiPhone8で十分サクサク動くし、バッテリーもそこまでヘタっていません。今のところ買い換える理由が全く見当たらないので、このまま行けるとこまで行くぞ!という決意を新たにしました。はい。

唯一の評価できる要素は

今回のiPhone12で歓迎できることといえば、iPhone5風のエッジの立ったデザインへ回帰したことではないでしょうか。まだカメラが出っ張っているので合格とは言えませんが。このデザインの復活にも数年を要したわけですから、気長に待っていればいずれはTouch IDも復活してくれるかもしれませんね。

最後までお読みくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

フォローする