新型MBA登場

先日のエントリーで、現在使用中のMBPの次の買換え候補は、MBA一択だというエントリーを書きました。本日、早速の登場となりました新型MBAは、私が期待する以上の姿で現れました。

  • シザー式キーボードの採用
  • 物理ファンクションキーの継承
  • 凸型カーソルキーの復活
  • トラックパッドが20%大型化

これら入力系の4点が私にとってのハイライトです。これは文句なく欲しい!

下取りプログラムの誘惑

AppleのサイトでMBAの仕様などをツラツラ眺めていると、下取りプログラムの紹介が目に止まりました。

「初物に飛びついてはいけない」と固く心に誓った私の信念は早くもグラグラです。試しに金額を計算してみると、、、

4年落ちで3万6千円。刮目すべき数字かもしれません。Core i5、512GBモデルでも実質約10万円(税抜)で買える計算になります。

先日ディスプレイを修理したばかりのMBPは、あと数年は現役で使えるはずです。キーボードがアレな点を除けば特に不満もありません。

果たして、私はこの下取りプログラムとシザー式キーボードの誘惑に、打ち勝つことができるだろうか。

とりあえず、実機でキーボードの感触を確かめてみたいところではあります。このエントリーもMBPで書いていますが、何年経っても違和感が消えないんですよね。車でもパソコンでも、実際に手に触れる部分の感触ってとても大事です。

などと、あれこれと妄想を膨らませながら、どんどん買換えに傾斜していく弱い心を、静止できない自分がとても悲しいです。

最後までお読みくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

フォローする