はじめての雪道

はじめての雪道

年が明けました。緊急事態宣言とやらも出されて、全くもって不要不急を痛感しつつも、ジムニーではじめての雪道走行に出かけました。とりあえず行き先は内緒ということにしておきます。また、今回はひとつだけ『道中誰とも接触しないこと』というルールを決めました。

自己完結型のドライブ

お弁当とお茶

他人に迷惑をかけるのは本意ではないので、あたたかい食料と飲み物を携行しつつ、トイレですれ違う以外は完全に他人との接触を遮断することを心がけて出発しました。

高速や幹線道路では2H走行で

雪国とはいえ、高速道路や幹線道路は除雪が行き届いており、路面がほぼほぼ露出しているので、スタッドレスタイヤを履いていれば2Hで全く不安なく走ることができました。

幹線道路を外れると圧雪路面に

圧雪路面1
圧雪路面2

幹線道路を外れて一般の生活道路に入ると、すっかり圧雪路面となりました。毎日新雪が積もっているようで、ツルツルのアイスバーンという感じではなくて、足で踏むとキュッキュッと音がするようなフレッシュな圧雪路面です。さっそく4Hに入れて初の4H走行を堪能しました。ここはジムニーの本領発揮でさすがの安定感ですね。全く不安なく走破することができます。私のジムニーは5MTなので、微妙な駆動力の出し入れもしやすく、なおさら安心感が高く感じられます。ABSなどの制御系デバイスが発動することもなく、何事もなかったかのように走り抜けることができました。

ジムニーでなければ行けない道ではないけれど

今回はジムニーでなければ行けないような道には行きませんでした。たぶんスタッドレスタイヤを履いてさえいればFFでも問題なく走れる程度の雪道です。まあ、私の場合はそもそもへたれジムニストなので、わざわざ道なき道を走るつもりはなかったりします。ただ、いざとなればそういう道へも入っていける頼もしさはかけがえのないものです。今シーズン中にもう1回ぐらい雪道を走れたらいいかなと思いつつ、緊急事態宣言でガラガラの帰りの高速を、一度も休まずに一気に走り抜けました。

最後までお読みくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

フォローする