ジムニーの納車待ちが短縮されてきたようです

モノクロジムニー

新型ジムニーの発売から約2年半が経過して、ついに1年以上に及ぶ納車待ちにも改善の兆しが見えてきたようです。ベストカーWebに『ようやく生産が正常化!? 1年待ちが続いたジムニーの納期が大幅改善へ!』と題した記事が掲載されました。

私がジムニーを契約したのが発売から2ヶ月後の2018年9月でした。そして約9ヶ月の納車待ちを経て2019年6月に納車となりました。今にして思えば9ヶ月でもラッキーな方だったんだなと思います。その後も納期はジリジリと伸びて、1年待ちがデフォルトのようになっていました。しかし、今後は2ヶ月待ちの一般的な次元まで次第に短縮されていくようです。

納期短縮の最大の理由は、インドで海外分の生産をまかなえるようになり、これまでの生産拠点だった湖西工場が、国内生産分に専念できるようになってきたことのようです。私のジムニーが納車されたころは、たまに街なかですれ違ったりすると嬉しくなったりしたものですが、最近ではだいぶ見かける機会も増えました。まあ、その分希少価値的なものは下がってしまうわけですが、もともと10年乗るつもりで買っているので、リセールバリューなどはそもそも気にしていませんでした。ただ、手に入りやすくなると、若干シエラに興味を惹かれるのも事実としてありますね。エンジンとギヤ比が軽自動車とどのような差異があるのか、体験してみたい気もします。

とはいえ、一旦軽自動車の経済性や気軽さに慣れてしまうと、なかなか普通車に戻るのは難しいです。そもそもスピードを出す気もさらさらないので、軽規格の性能で十分満足している状況です。

いずれにしても、新型ジムニーが気軽に手に入るようになってきたことは、購入をためらっていた多くのジムニーファンにとって、まさに朗報なんじゃないかと思います。


P.S.
なんとベストカーWebの記事が3日ほどで消えてしまったみたいです。もしかするとガセネタだった!?

最後までお読みくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

フォローする